ロボット製作日誌in神奈川
MCR・ROBO-ONE・ロボットランサーなど、いろんなロボットを製作する社会人のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロボ スプリント TEPIA大会マシン
GodArthurRS

このロボットは2007年の「ロボ スプリント TEPIA大会」
へ出場する為に3日間で作った「GodArthurRS」です。
第10回ロボットグランプリの直前でしたが、
興味が有ったので参加しました。

適当に作った機体だったので、大変不安定な走りでした。
試走ではトップレベルのタイムを記録していましたが、
50%の確率でコースアウトしていました。
本番では全てコースアウトに終りました・・・
完走第一の考え方は何処へ行っても大切ですね

スポンサーサイト
NHK大学ロボコン2005マシン
NHKロボコン2005自動B子機

このロボットは「NHK大学ロボコン2005」の自動B子機です。
私が大学1年生のときに流れで作る事になりました(笑)
自動B機(親機)から切り離されて、ポールを登り
左のカゴでボールを入れ、右の板で蓋をする作戦でした。
練習では上手く動作していましたが、本番では親機から
分離する事が出来ずに終りました・・・
でも、自分で作ったロボットが一瞬でもテレビに映ったので
嬉しかったです。私も応援席で一瞬映ってましたが

真夜中に体育館のど真ん中で寝てたのが懐かしいです。
チームで一つの目標に向かって汗を流す
ロボコンは大変良い思い出になりました。
昔作ったMMコンテストマシン
掃除してたら出てきたので紹介します。
GodArthurM
このロボットは私が大学1年のときに
(社)精密工学会が主催する「国際 マイクロメカニズム コンテスト」
へ出場する為に製作したものでマシン名は「GodArthurM」です。
たまたま暇だった時期に面白そうなロボット競技を見学しようと思い
インターネットで見つけたのが、この大会でした。
当初は見学だけのつもりでしたが、せっかくなのでマシンを製作して
参加者の立場から大会を楽しもうと考え製作しました。
ちなみにマシンは前日に6時間で作りました(笑)

障害物走破と相撲部門に出場しましたが、障害物走破はリタイヤ
相撲は相手の自滅により1回戦突破でベスト32でした。
大会では情報交換をすることができ、充実した1日になりました。

これからも、面白そうな競技があれば
積極的に挑戦したいと思います。
バッテリーいろいろ
近所の家電量販店5周年記念セールにて
三菱の単四アルカリ電池8本50円と激安だったので
80本(500円)買いました!!!使用期限は2012年までOK!
地味に消費する電池ですが、これで1・2年は困らないでしょう!
電池80本

こちらは秋月で買ったReCyKo+(GP製)
自己放電が少なく、買ってすぐ使えるとの事
エネループ(三洋)は電圧が高くて、内部抵抗も小さい様なので
ReCyKo+にも期待したのですが、どうやら電圧は低いみたい
ReCyKo+
ROBO-ONEやロボトレースでリチウムポリマーを使って燃やす事
を恐れ、なんとかNi-MHを使いたいのですが、なかなか良い物
が見つかりませんね・・・やっぱりエネループで行きたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。